Notice

「豆こねくと1度飲んだら忘れらえない」コスタリカのコーヒーの味とは?

Category : お知らせ

Post on : 2019. 06. 21

1度飲んだら忘れられない」コスタリカのコーヒーの味とは?

タグ

  それぞれの朝は、それぞれの物語を連れてやってきます。

コスタリカ珈琲豆直輸入販売「豆こねくと」外観

「コスタリカ」と聞いて、どんな国をイメージしますか?「武蔵小杉駅」から歩いて5分ほど……川崎市立小杉小学校の前に、コスタリカ珈琲豆直輸入販売の焙煎店「豆こねくと」があります。 店長の高橋正行さんは、31歳。正行さんがコスタリカと関わりを持ったのは、高校生のときでした。

「豆こねくと」店長の高橋正行さん

クラスの仲間と馴染めず、進学のことでも悩んでいた正行さんは、外国に興味があったことから高校生の留学制度に応募します。第一志望はアメリカ、第二志望はフランス、第三志望はコスタリカ。 「留学生の体験談に、中南米のコスタリカは自然が豊かでのんびりしていて、せかせかしない、日本とは全く逆の国……そんな記事が載っていて、第三希望にしたら決まっちゃったんです」 驚いたのは正行さんの両親でした。「我が子がジャングルかアマゾンに行ってしまう」と思ったそうです。

コスタリカのお写真

正行さんはコスタリカの一般の家庭でお世話になって、公立高校に通いました。公用語はスペイン語。最初に覚えた言葉は「テンゴ・アンブレー」(お腹が空いた)でした。 授業は、英語と数学が何となく分かるだけ。体育はいつもサッカーで、みんな驚くほど上手い! 話もできない、サッカーも下手、そんな日本から来た留学生にクラスメイトは意外なほど優しく、すぐに仲間に入れてくれました。 「普通の公立高校だったので、なかには不良っぽい学生もいて『マサユキ、授業をサボって遊びに行こうぜ!』と誘ってくれて、3ヵ月も経てば何となく言葉が分かるようになりましたね」

「豆こねくと」店内の様子

たった1年の留学でしたが、コスタリカの優しさに触れて、正行さんは生まれ変わって帰国します。その後、大学に進学、さらに大学院へ進み、スペイン語圏で仕事がしたいと、28歳のときにアルゼンチンの大学へ2年間、日本語教師として赴任します。 大学は長い夏休みがあります。それを利用して、バスを乗り継いで南米を北上し、最後に目指したのが10年ぶりのコスタリカでした。街並みもクラスメイトも、あの日のまま……10年が経っても、友の笑顔と優しさは変わりませんでした。

帰国後にバリスタの資格を取得したという正行さん

久しぶりのコスタリカで、どうしても飲みたいものがありました。それは留学していたとき、お世話になった家で朝と夕方に必ず出されたコーヒー。あの味が忘れられなかったんです。 「コスタリカのコーヒーは、まるでコスタリカの人みたいに優しくて濃厚で、1度飲むと忘れられない味なんです」 帰国後、コーヒーの焙煎技術を修行し、バリスタの資格を取得した正行さんは、去年(2019年)12月に「豆こねくと」をオープン!「こねくと」とは「つながる」の意味。コスタリカのコーヒー農園と日本のお客さんを、仲介業者を通さず、おいしいコーヒーでつなげたい。そんな意味が込められています。 「豆こねくと」は、自家焙煎によるコーヒー豆の販売が中心です。注文を受けてから、丸い筒のロースターにコーヒー豆を入れ、窯の熱でローストします。ロースターが回転すると、シャカシャカ! と豆が転がる音。水分が抜けるとシャンシャンと音が変わり、そのうちポップコーンのようにポンポン! と弾ける音。「深煎り」の注文なら、チリチリと油分が出る音まで待ちます。

さまざまな自家焙煎のコーヒー豆が並ぶ

正行さんはお客さんの注文に応じて、耳と目と香りで焙煎するそうです。焙煎にかかる時間は10分ほど。お客さんは無料のサービスコーヒーを飲みながら待っています。 お店はカフェスペースもあって、正行さんが淹れる挽きたてのコーヒーを求め、常連さんも増えて来ました。最後に「コスタリカ」とはどんな意味なのか正行さんに聞くと、 「コスタは海岸、リカは豊か……『豊かな海岸』という意味です。人も自然も豊かなコスタリカで栽培されたこのコーヒーを、日本に広めて行くのが僕の使命だと思っています」
コスタリカ珈琲豆 直輸入販売「豆こねくと」 住所:〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町2-294-6 南部メゾン102 電話:044-322-8255 営業時間:11:00 ~ 19:30 定休日:月曜日・木曜日
上柳昌彦 あさぼらけ FM93AM1242ニッポン放送 月曜 5:00-6:00 火-金 4:30-6:00
朗読BGM作曲・演奏 森丘ヒロキ
  • LINEで送る
  • はてなブックマークに追加
  • pocketに追加



一覧に戻る

  • 第2回 まるまるsunマルシェ
  • SUNマルシェ カレー作り
  • 石原先生の薬膳料理教室:はじめの一歩
  • 綺麗なアイシングクッキー
  • 小さなかわいいコックさんたち
  • 日本野菜ソムリエ協会認定 料理教室に
  • 6月2日小杉よっといで豆こねくと
  • まるまるSUNマルシェ”@武蔵小杉
  • 美味しいイチゴショートの作り方教室
  • オーガニック料理教室ワクワクワーク
  • 6月2日小杉よっといでマルシェ
  • 1から作るフルーツタルト教室@武蔵小杉
  • 12月焙煎店 豆こねんくと オープン
  • 人気のアイシングクッキー講座
  • 発酵食大学醤油作り講座
  • 1から作るチョコレートムース教室@武蔵小杉
  • オーガニック料理教室ワクワクワーク
  • 特別企画 キッズクッキングスクール
  • キッチン撮影スタジオに
  • オーガニック料理教室ワクワクワーク
  • ケンミン食品料理教室
  • オーガニック料理教室ワクワクワーク
  • 1から作るブッシュドノエル教室
  • アイシングクッキー講座の長嶋先生の作品
  • オーガニック滋養ランチ
  • 長嶋先生のフラワーケーキ
  • おから味噌づくり
  • アボガドスープ 料理教室
  • 6月2日小杉よっといでマルシェ 出店者さん
  • ヤマト醤油味噌の社長による醤油講義
  • とかち野酵母パン教室講師養成講座
  • 発酵食大学 開校
  • 発酵食大学 醤油作り
  • 旬を楽しむ料理塾 嘉六 KAROKU
  • 『子どもと食べたい常備菜入門』
  • 料理番組にも!!
  • 真寿美先生のヘルシー食生活のサポート
  • 「食べる植物療法」ゼミナール
  • おから味噌教室

お料理教室・カルチャースクール初回割引実施中!

odekake kitchenで定期開催を検討されているお料理教室様やカルチャースクール様に限り
キッチンを使用しない場合:12,000円/4H
キッチンを使用する場合:15,000円/4H
の初回割引料金でエントリーいただくとご利用いただけます。

エントリーはこちらから